最近の投稿

会社設立と税金対策

会社設立と税金対策について

会社設立においては、もちろん利益を上げることを目標にしているはずです。好きなことを仕事にするということもあるでしょう。しかし、利益を上げなければ結局生活ができませんので、好きなことであってもそれをお金に変えることができなければ、会社としての意味をなさないのです。

会社設立後は、社員を雇うこともあるでしょう。その社員の生活のためにも、みなさんは会社設立後は利益を求めて日々努力を重ねなければならないのです。

しかし、実際に利益を積み上げていくと途中で困ってしまうことが出てきます。

それは、税金の問題です。会社設立後、順調に利益を重ねていれば重ねているほど、そこのかかる税金の額は高額になり、今持っている内部留保からでは支払いができなくなってしまうこともあるかもしれません。

わざわざ税金の支払いのために銀行から借り入れを行うのもすこしもったいないと感じるのではないでしょうか。ですから、会社設立後は、税金対策にも注意を払って経営を行う必要があるといえるでしょう。

税金対策の主なものとして、経費をたくさん計上するというものがあります。税金は利益にかかります。利益は売上高から経費を引いたものを意味します。

ですから、たくさん売上をもっていても、その分経費の金額も多くすることによって利益の額が減り、税金の額が減るのです。そのため、たとえば設備投資を頻繁に行ったり、新しい営業車をリースでなく一括で購入して経費として計上するなどして、少しでも利益を減らすようにつとめている会社は実はたくさんあるのです。

もちろん粉飾決算は絶対にしてはいけません。法に触れてしまい、罰則を受けることになりますのでそれだけは十分注意してください。

この経費を計上する方法にもすこし注意点があります。それは、経費をたくさん計上するのでそのぶん内部留保、つまりは会社にある現預金の額が少なくなってしまうことです。そのため、銀行から借り入れをして運転資金を確保したりする機会も増えてくるかもしれません。

あまりにも節税を頑張りすぎることによって逆に借り入ればかり増えていってしまう会社がたまにありますので、みなさんの経営する会社はそのようにはならないよう、気を付ける必要があります。

支払利息がかさんでしまって最終的にはショートしてしまうこともありえますので、十分注意を払って健全な会社の経営が行えるように日々の努力と節税のバランスを心がけるようにしましょう。

本店所在地や賃貸契約時の注意点

会社設立で本店所在地や賃貸契約時の注意点

会社設立をするときには、本店所在地を決めなければいけません。

基本的にどこに決めても良いので、事業を中心的におこなう場所なら問題はないでしょう。

しかし、本店所在地を決めるときには注意点もあります。本店所在地を決めるときには、注意点に気をつけながら決めましょう。

会社設立時に自宅を本店所在地にすると事務所を借りる必要がないので、費用を抑えられるメリットがあります。

そのため、最近では規模の小さな会社を設立する際には、自宅を本店所在地にする人が増加中です。

本店所在地に自宅を選んでも、基本的には問題ありません。

しかし、自宅がマンションなどの賃貸物件のときには、賃貸契約の内容を必ず確認しましょう。賃貸物件は、居住用と事務所利用可能な物件があります。

事務所利用可能な物件なら、賃貸マンションなどを本店所在地にしても問題ありません。居住用の場合は、本店所在地にして会社設立はできません。

居住用の賃貸物件を本店所在地にすると契約違反になるので、必ず契約内容を確認して、居住用の場合は事務所を借りるようにしてください。

また例え事務所利用可能な賃貸物件であっても、管理会社や規約などを確認しておくと良いでしょう。自宅ではなく事務所を借りて会社設立する場合には、トラブルになる可能性は低いです。

しかし、本店所在地とするためには会社設立する会社の名前で契約する必要がありますが、肝心の会社はまだ設立されていません。

そのため、オフィスビルなどと賃貸契約を結ぼうとしても、借りられないことがあります。会社設立前に事務所を借りるためには、主に2つの方法があります。

一つは、個人名義で契約をして会社設立後に名義変更する方法です。

この方法で賃貸契約を結ぶなら、会社設立の本店所在地として使用することを伝えておいてください。

もう一つの方法は、会社名義で仮契約をして会社設立後に本契約をおこなう方法です。個人名義で賃貸契約を結ぶと名義変更料が必要ですし、余計な手間が増えるだけです。

しかし仮契約をしてから手続きをおこない完了後に本契約を結ぶ方法なら、余計な手間やお金も必要ありません。

事務所を借りるときには、この方法を使うのが良いでしょう。事業をおこなう場所を、そのまま本店所在地にすることができるとは限りません。

制約があったり賃貸契約を結ぶときに戸惑うことがあるので、注意点に気をつけながら会社設立に必要な本t年所在地は決めましょう。

会社設立の契約社員

会社設立の契約社員について。

会社設立をするためには、いくつかのプロセスが必要になってきます。

法律で定められたものなので、問題なくスムーズに業務を開始するためにも、しっかりと慎重に手続を進めて行く必要があります。

会社の種類には様々なものがありますが、一般的なのは株式会社ですよね。

株式会社で会社設立をする場合、まず必要になってくるのが発起人です。この発起人は必ず1名以上必要です。

会社設立にあたって、発案者または賛同者として、登記の完了までのすべての手続を進めて行く役割を果たします。

また、忘れてはならないのが、会社の商号の決定です。この時にしっかりと登記を確認し、同じ住所に同一の商号の会社がないかを確認しましょう。

同じ商号で会社設立をすることは禁止されています。長過ぎず、発音のしやすい分かりやすい商号が良いでしょう。

このような手続はほんの一部です。

また、業務を開始するにあたって必要なのが従業員です。会社の規模が小さく、役員と数名の社員だけの構成だとしても、あらたな雇用は必要ですよね。

業績が不確かなうちは、できるだけ雇用に費用をかけたくないという考えの方もいるでしょう。

事務的な役割のスタッフを雇い入れるときは、契約社員という雇用形態も適しています。正社員よりも低い賃金で雇うことができます。

また、業績が安定してきたら、直接雇用の契約をし、正社員として雇うこともできます。業績の見通しがたたない初期のうちは、こういった方法も有効です。

求人を出す場合は、広告会社に依頼をして、雇用条件などを記載した求人広告を掲載してもらいましょう。

最近ではインターネットでのエントリーも増えていますので、人員の先行に今までほど時間をかける必要がなくなりました。

新たに会社をスタートさせる仲間となる人材ですので、スキルだけでなく人柄も重視して、慎重に選考するようにしたいですね。

このように、会社設立にあたっては、様々な手続やプロセスが関わってきます。

どれも専門家などの知識を借りて、滞り無く進めて行きたいものですよね。

新たな歴史の1ページとなるものですから、人材の確保は特に力を入れて、契約社員であれ、正社員であれ、きちんとした人材を選ぶようにしましょう。

面接の際に活用できる、質問事項などをあらかじめ用意しておき、何人体制で面接を進めて行くかなども、事前にしっかりと確認をしておくと、当日はスムーズに進んでいくはずです。

このようなことをしっかりと頭に入れておきましょう。