本店所在地や賃貸契約時の注意点

会社設立で本店所在地や賃貸契約時の注意点

会社設立をするときには、本店所在地を決めなければいけません。

基本的にどこに決めても良いので、事業を中心的におこなう場所なら問題はないでしょう。

しかし、本店所在地を決めるときには注意点もあります。本店所在地を決めるときには、注意点に気をつけながら決めましょう。

会社設立時に自宅を本店所在地にすると事務所を借りる必要がないので、費用を抑えられるメリットがあります。

そのため、最近では規模の小さな会社を設立する際には、自宅を本店所在地にする人が増加中です。

本店所在地に自宅を選んでも、基本的には問題ありません。

しかし、自宅がマンションなどの賃貸物件のときには、賃貸契約の内容を必ず確認しましょう。賃貸物件は、居住用と事務所利用可能な物件があります。

事務所利用可能な物件なら、賃貸マンションなどを本店所在地にしても問題ありません。居住用の場合は、本店所在地にして会社設立はできません。

居住用の賃貸物件を本店所在地にすると契約違反になるので、必ず契約内容を確認して、居住用の場合は事務所を借りるようにしてください。

また例え事務所利用可能な賃貸物件であっても、管理会社や規約などを確認しておくと良いでしょう。自宅ではなく事務所を借りて会社設立する場合には、トラブルになる可能性は低いです。

しかし、本店所在地とするためには会社設立する会社の名前で契約する必要がありますが、肝心の会社はまだ設立されていません。

そのため、オフィスビルなどと賃貸契約を結ぼうとしても、借りられないことがあります。会社設立前に事務所を借りるためには、主に2つの方法があります。

一つは、個人名義で契約をして会社設立後に名義変更する方法です。

この方法で賃貸契約を結ぶなら、会社設立の本店所在地として使用することを伝えておいてください。

もう一つの方法は、会社名義で仮契約をして会社設立後に本契約をおこなう方法です。個人名義で賃貸契約を結ぶと名義変更料が必要ですし、余計な手間が増えるだけです。

しかし仮契約をしてから手続きをおこない完了後に本契約を結ぶ方法なら、余計な手間やお金も必要ありません。

事務所を借りるときには、この方法を使うのが良いでしょう。事業をおこなう場所を、そのまま本店所在地にすることができるとは限りません。

制約があったり賃貸契約を結ぶときに戸惑うことがあるので、注意点に気をつけながら会社設立に必要な本t年所在地は決めましょう。