バーチャルオフィス

バーチャルオフィスで会社設立するメリットとデメリット

バーチャルオフィスを使って起業をすると、会社設立の費用を節約することができます。レンタルオフィスを借りるよりも安くなりますから、運転資金が少ない会社設立直後には、これほど助かることはありません。

この方法で会社設立をすることには、メリットもあればデメリットもあります。会社設立後に後悔しないために、メリットだけではなくデメリットについても理解しておいてください。

そもそもバーチャルオフィスは、レンタルオフィスと混同しやすいです。レンタルオフィスとの違いがデメリットになるので、まずは違いを把握しておきましょう。

レンタルオフィスは、仕事をするスペースや設備も一緒に借ります。しかしバーチャルオフィスは、仕事をするスペースは借りません。

借りるのは、住所と電話番号だけを借りることになり、会社に届いた郵便物や電話はすべて転送をすることになります。

この違いは、会社設立をする前に理解しておかなければいけません。バーチャルオフィスで会社設立をするデメリットは、企業や銀行に対する信用力が落ちると言った点です。

会社設立に必須な法人の銀行口座を開設するのは難しくなりますし、社会保険や雇用保険の申請も困難になります。

他にも許認可を申請できないので会社設立をしても仕事ができない可能性もあり、創業融資が認められず資金調達できないことすらあります。

また他の会社も同じ場所で借りていますから、住所が被ってしまう可能性もあるのです。しかしこのようなデメリットはありますが、それでも賃料が安いのは魅力でしょう。

賃料が安いだけではなく、敷金や保証金が不必要なこともあるので、初期費用を一万円以下に抑えることもできます。

初期の資金を抑えたい人には、これだけでも大きなメリットです。またバーチャルオフィスなら、都心の一等地を本店所在地にすることもできます。

誰も知らない地方の住所よりも、誰もが知っている一等地の住所ならそれだけで信用力が上がることもあるのです。

信用力が上がれば、ビジネスも有利になるはずででしょう。会社設立時にこの方法を選ぶと、ビジネスができないほどの悪影響を受けることもあります。しかし、事業内容によっては悪影響は受けませんし、法人口座の開設についてもできる方法はあります。

デメリットを潰してメリットだけ得られる方法もあるので、受ける悪影響を考えて自社に影響がないなら、会社設立の資金を節約できる方法として使ってみましょう。